徳子の胸の内 ー やりたいことは今すぐに

新しいことを始めよう
amirisu株式会社 2022.01.19
有料限定

個人でブログを書いていた頃(もうブログって懐かしい感じですよね)、毎年新年の抱負でやりたいことを細かくあげていたような気がしますが、年々それが曖昧になり、最近は年末にこちらの配信に書いたような大まかな雰囲気で済ませていました。でも、最近考えが変わりまして、細かくやりたいことを設定してクリアしていこうと思っているんです。

今が一番若いのよ。そういう文面をどこかで読んだり、誰かに言われたりしたことありませんか?今までこの文言に出会うことはあっても、何か心に響いたことはなく、それはそうよねぐらいの受け止め方だったのですが、段々と自分も歳をとり、更に親の年齢を考える年代になると、この若さというものが本当に眩しいものだったんだなと切実に感じます。私の一番上の甥っ子は今年大学受験でして、お正月に会って色々話しをしましたが、その受験が受かっても受からなくても、今の彼の経験がなんだか本当に眩しい!若いって素晴らしいなと思ったのです。

翻って自分となるわけですが、もちろん輝いている甥っ子よりははるかに歳をとっていても、そう「今が一番若い!」わけでして、やりたことは今すぐやったほうがきっと習得が早く、自分自身への影響力も大きいに違いない。そう考えたわけです。自分の限りある若さを利用しなければ。彼と話して、切実に感じました。

この記事は有料読者限定です

続きは、105文字あります。

下記からメールアドレスを入力し、有料登録することで読むことができます

登録する

すでに登録された方はこちらからログイン