徳子の胸の内 ー ゆっくり歩く

歩くスピードのお話です
amirisu株式会社 2022.04.22
有料限定

4月も下旬。何だか暇だなと思っていた日が懐かしいぐらいの忙しさです。

今月は新しいものを色々リリースすることになっていましてそちらの仕事と6月に出るであろうamirisu雑誌の仕事、そして次の!雑誌の仕事、本の仕事を納期睨みながら順番に片付けています。よくもまあ、こんなに色々なもの、次から次へとリリースしますよね!自分でも感心しています。

先日、母の誕生日祝いも兼ねて帰省したのですが、一緒に出かける際、母に歩くのが早くなったと褒められました。今更この年で褒められるような事柄ではないとは思いますが、それぐらい昔の私はダラダラ歩くのが得意で!早く歩いて次の目的地に行くという気持ちが無かったんですよね。子供の頃は歩きながら本を読んだり想像したりと頭を働かせることに一生懸命で歩くこと自体はおざなりになっていたのでしょう。大学生の頃も、友達から歩くのが遅いといつも叱られていたような記憶があります。

この記事は有料読者限定です

続きは、407文字あります。

下記からメールアドレスを入力し、有料登録することで読むことができます

登録する

すでに登録された方はこちらからログイン