徳子の胸の内 - 実店舗を作る意味

東京店オープンします!
amirisu株式会社 2021.06.02
有料限定

まだ一般にはオープンにしていませんが、昨日サポーターズクラブの方にはお知らせした通り、今月10日に遂に東京店オープンとなりました。実は、工事がその日には完璧には終わっていないのですが、これ以上開店を遅らせられないということで、とにかくオープンを決行!なんともうちの会社らしいスタートです。

amirisuを始めた頃は、実店舗を持っていなかったので、本も幾ばくかの毛糸も全てオンラインショップで販売していました。実店舗を作ったのは会社を設立してから。当初は、二人の事務所兼お店で、お店は片手間な気持ちでやっていました。せっかく事務所作るからお店もやろうかなぐらいの気持ちだったんです。でもいつからか、お客様を直接接客するうちに気持ちが変わってきました。

ほとんどのものがオンラインで買える時代における実店舗の意味を考えた場合、お店に来て下さった人だけが体験が出来る何かが必要です。色々な業態のお店がその事について日夜考えていると思うのですが、毛糸屋はとってもその点明白です。

この記事は有料読者限定です

続きは、350文字あります。

下記からメールアドレスを入力し、有料登録することで読むことができます

登録する

すでに登録された方はこちらからログイン