徳子の胸の内 ー Travelのデザイナーたち

新刊のデザイナーについての内輪話です。
amirisu株式会社 2022.02.05
有料限定

一般の記事で毎日毎日、新刊本のお知らせが送られているかと思いますが、みなさん実物の本はご覧になられたでしょうか。このパターンをみなで作ったのも撮影したのも去年の話しなので、私も自分のパターンでさえうろ覚えでして(毎回、そうなっちゃうのですが)やっと本になったか!という気持ちで今日の発売日を迎えています。

人に言われてそうかと思いましたが、今回の本はamirisuの糸縛りで作ったというだけでなく、ほぼamirisuのデザイナーだけでパターンを制作しています。amirisu雑誌は世界中からデザイナー大集合ですし、今まで出した書籍も様々なデザイナーとお仕事をして作ったもの。それに比べてTravelは内輪な雰囲気溢れた本になっているんです。

amirisuのデザイナーは、一応うちに所属して色々とお仕事してもらっていますが、もちろん個人でパターンを出してもよし!な形でやっています。例えばアメリカに住んでいるKeikoさんは他の雑誌とお仕事しているなかなかのキャリアのデザイナーですし、小宮さんや美希さんは個人でRavelryでパターンを出していたりしているんですよ。私と大鶴さんだけが、いわゆるin houseデザイナー。他とは仕事せずに、せっせとamirisuだけの仕事しています。二人ともかなり先までデザインの予定が決まっており、自分のものがほとんど編めない悲しいチームメイト。仕事と仕事の合間に自分のものを編めそうな時は、お互いに喜びあっています。

この記事は有料読者限定です

続きは、396文字あります。

下記からメールアドレスを入力し、有料登録することで読むことができます

登録する

すでに登録された方はこちらからログイン